セフレ探しで見た目は二の次、話術が一番重要


出会い系サイトを利用すれば、セフレは意外と簡単にできますが、ホイホイ作れるということでもありません。相手はお仕事でセフレを作っている訳ではなく、セックスを目的にしている生身の女性ですので、断られることだってあります。
そのことを踏まえて、セフレを作れる方法を探っていきましょう。

女性にモテるのは話術が巧みな人

どの時代でも、女性にモテるのは話術が巧みな人です。
男性の話術が上手いとそれだけでも魅力的に思われます。

たとえ容姿が悪くても、話術が良ければたくさんの女性と関係を持っていてもおかしくありません。ホストクラブがそうですよね。

顔ばかりでなく、きちんと相手を見て話してくれるような男性がナンバーワンになっています。
それを見ると、セフレも同じようなものだとわかります。

セフレサイトに登録して相手を求めているくらいですので、特に容姿は関係ないと思っているでしょう。あとは、セックスをしたいと思わせることができるかですね。

話術を鍛えるには、なんといっても文章を読んだり、トーク上手な人の動画を見てその話し方を勉強したりなど、さまざまな方法があります。特に文章は相手とやり取りをする上でとても重要なことになりますので、力を付けられるうちに付けておくのが重要と言えるでしょう。

セフレを作れる話し方、これでホイホイ女の子が集まるよ

相手の女の子を不快にせず、セフレに誘うことができる割合は、日常会話と自分の話題、相手の話題、そしてちょっぴりの下ネタです。

下ネタがオールオッケーという女性も珍しくはありませんが、そんな女性が相手だとしても、下ネタは控えめにし、ジョーク程度で使った方が得策です。
あまり知らない相手から下ネタばっかりの話をされてはなかなか心を開くことなんてできませんし、逆に引かれてしまう可能性もあります。

女性と男性の思っている下ネタの許容範囲は全然違う場所にあるとも言われていますので、あまり過信しすぎないほうが良いでしょう。
セフレを募集しているとはいえ、相手は疑似恋愛を求めているので、できるだけ、エッチな方向に話を持って行かないほうが良いかもしれません。

会話が弾んで来たら、ちょっとずつエッチな話題を出すようにしましょう。
しかし、気を付けたいのは

「どうしてセフレ募集してるの?」

なんていきなり深い所に突っ込むことです。
女性に対してセフレサイトを使っている理由は一番聞かなくていいことだと認識しておいてください。
それが一番安全に相手と付き合うことができる方法です。
もし、余計な一言を口にしてしまったばかりに目当ての子が離れて行ったらもったいないですよね。